Health

自宅でできるアンチエイジング総集編「結論:若返りは可能です」

自宅でできるアンチエイジング総集編「結論:若返りは可能です」

日本の100歳以上の人口「8万450人」。
これは、2020.9.1の住民基本台帳のデータです。

皆さんは、この数字を見て何を感じましたか?

ちなみに、115歳以上は、世界人口中の「1億人に1人」と言われています。

どうでしょう。
多いと感じましたか?少ないと感じましたか?

これからの時代は、本人の努力次第で「100歳以上生きることが普通になる」時代が必ず来ます。

なぜかというと、長生きのカラクリが明らかになってきているからです。

ただ100歳以上生きるだけではありません。
現在でいう「50歳の活動レベル」を保てる時代がやってくるのです。

このデータは、「ハーバード大学教授であり、老化研究の世界的権威でもある”デビッド・A・シンクレア”の”老いなき世界 LIFE SPAN”」という本で堂々と提唱している予測です。

ただし、そのためには老化を食い止めるためにやるべきことを実践する必要があります。

そこで今回は、「100歳を超えても元気で若々しくいるための不老長寿メソッド」を、3冊の「不老長寿本」の内容を参考に、誰でもわかりやすく、総集編としてまとめてみました。(参考書籍は後述)

この記事に書いてあることを実践して頂くことで、老化を食い止め、若返りを実感して頂けます。自分がチャレンジできそうだと思ったものから試してみてください♪

この記事の参考書籍(当記事のエビデンス)

この記事の内容は、以下の3冊の書籍を参考にして作成しました。

ハーバード大学教授であり、「老化研究の世界的権威」でもある”デビッド・A・シンクレア”氏が書いたベストセラー本。

日本を代表する様々な専門家への取材を基に、現代老化研究の最先端の取り組みと成果をまとめた100年時代を健康に生き残るための攻略本。

サイエンスライターである鈴木祐 氏が、「1970年代から現在までに発表された抗老化の文章から質の高いものを抽出した上で、ハーバードといった名だたる機関の専門家に意見を求め、科学的な妥当性と効果のバランスが保証されたテクニックがわかりやすくまとまっている。

そして、これから紹介する不老長寿メソッドは、以下の3つの基準に沿って選びました。

  • 個人的に効果が実感できたもの
  • エビデンス(根拠)があるもの
  • 日常生活に取り入れやすいもの

なお、一つ一つの根拠について詳しく知りたい方は、ぜひ書籍を手に取ってみてください。当記事ではあくまでも、「明日から実践できる不老長寿メソッド」のみに焦点を絞って解説していきます。

老化は病気=病気は治る=老化は治る

若返る

”老いなき世界 LIFE SPAN”では、老化に対する大きな前提として「老化=病気」という観点があります。

「老化は病気の一種であり、それは治癒できるものである」と著者は断言しているのです。

これは、「病気は直せる=老化も病気だから治せる(若返ることは可能)」ということ。

老化を完全に治療する方法はまだ発見されてはいませんが、少なくとも老化(病気)の進行を遅らせる方法は既に解明しつつあるのです。

本記事においては、とにかく理論や根拠をはしょって、明日から若返りたい人のためにフルコミットされた内容になっています。

これには正直、賛否両論あると思います。ですが、僕は理論を得るよりも若さを得たい!!そんな切なる思いをもった方々を優先して書きました。そのことをあらかじめご了承ください。

 

老化の進行が早まる最大の原因は「活性酸素による体の酸化」だった!

髑髏

さきほど、「老化は病気」といいました。
その病気の一つに、「活性酸素による体の酸化」があります。

そして、体の酸化こそが、人間を老化させる最大の原因です。

と、その前に、わかりづらい単語が二つほど出てきたので知らない方々のために説明します。

まずは活性酸素。呼吸によって体内に取り込まれた酸素の中でも、2%ほどが活性酸素となります。

通常の2%程度の活性酸素濃度ならば、体内に侵入した細菌やウイルスの攻撃から体を守るために働くという大切な役割を持っていますが、過剰に発生しすぎると、自分自身の細胞をも攻撃してしまうのです。

そして、活性酸素による細胞のダメージは、老化や動脈硬化、生活習慣病などの原因を引き起こします。

では、「酸化」とは何なのか。
カンタンで「鉄がさびる」状態を想像してください。鉄がさびる状態と似たようなことが人間にも起こっていると考えてOKです。(冷静に考えると怖いですね)

つまり、老化を防ぐためには、活性酸素を「過剰に増やさない工夫が必要」なわけです。ということで、この項では、活性酸素を過剰に増やしてしまう代表的な例を紹介します。

該当することがあれば、一つずつ、減らすよう心掛けてください。

若さはタダでは手に入りません。あなたの意志と努力が必要です。

後半では、具体的なアンチエイジングを紹介しますが、「悪習慣」をやめることも最高のアンチエイジングだということを頭に叩き込んでおきましょう。

酸化原因1:タバコを吸う

タバコを吸うと

  • 血管収縮
  • 肌細胞の酸素不足
  • 皮膚の温度や代謝も低下
  • 女性ホルモン低下

タバコをすっている人は肌に必要な「うるおい」「ハリ」「透明感」の低下、さらに「血行の悪い顔色」になるのです。

体内でエネルギーをつくるときに発生する活性酸素が、細胞を傷つけ、老化をもたらします。

対策:禁煙外来に通う

自力でやめたい!という方は以下の記事が参考になります。

https://freehacks.jp/bad-routine/#5-2

酸化原因2:暴飲暴食

体は食べた分だけ燃やしてエネルギーを作り出そうとします。その過程で活性酸素の発生量も多くなるのです。

日本でよく言われている「腹八分目」というのは、案外に理に叶っていました。

対策:腹八分目をすぐに実践する

酸化原因3:生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、ホルモン分泌の変化が起き、ストレスが溜まります。ストレスに対抗するための、「抗ストレスホルモン」が分泌・分解される過程でも活性酸素が発生します。

また、ストレスが原因で、「若返りホルモン」DHEAや男性ホルモンなどの分泌が減ることで、老化が起きます。まさに老化のダブルパンチです。

対策:ストレスを極力避ける。できれば11時前には寝る。睡眠時間は7~8時間がベスト。

酸化原因4:加工肉を食べる

加工肉とは、その名のとおり、加工された肉。代表的なのは、「ウインナー、ハム、ソーセージ、ベーコン」といった、まさに僕たちの食卓に並ぶおなじみの食品たちになります。

加工肉にはさまざまな化学合成物が含まれています。
それらを口することで、体内で分解・解毒中に活性酸素が発生するのです。

対策:加工肉を食べる頻度をじょじょに減らす

他にも酸化原因はさまざま…

他にも参加原因はさまざまなあります。

紫外線:長時間紫外線を浴びると、活性酸素が発生

排気ガスなどの大気汚染:排気ガスに含まれる有害物質は活性酸素を発生させます。

これらはまだ一部でしかありません。
ただ、細かいことを気にしすぎると、ストレスがたまり、本末転倒です。

自分が「減らせる!」「やめられる!」と思ったことから始めましょう。

あなたもコレで若返る!7つの不老長寿メソッド

お待たせしました。
ここまでは、「酸化してしまう行動や原因」を明らかにして、減らすよう促してきました。

ここからは、「若返る行動」を6つにまとめて紹介してきます。

「老けない行動」と「若返る行動」を同時に行うことで、あなたの肌と内臓がたちまち若返っていくことを実感するでしょう。 

不老長寿メソッド1:食事の回数と量を減らす

摂取カロリーを通常の30%ほど減らすことができれば、アンチエイジング効果が認められた実験結果がでています。これは、自食作用(オートファジー)と呼ばれる細胞の生まれ変わりを促進する効果が起きるためです。

もっと本格的にやるのであれば、断食も有効です。
断食と言われると、急に難易度が上がったように感じるかもしれませんが、プチ断食でもOK。

やり方は、「1日のうち16時間(睡眠時間含める)は何も食べない時間を作る」といった方法。

例をだすと、「夜の10時に寝て、昼の2時にご飯を食べる」。これで16時間断食成功です。

なんだかやろうと思えばできそうですよね?

最初は、週に1、2回取り入れるだけでもアンチエイジング効果が期待できます。

僕がやっている方法

僕は「1日3食→2食」にすることで、1日の摂取カロリーを30%減らすことに成功しました。やってみると全然苦じゃないことがわかりました。

食事のタイミングは、13時と21時の2回です。この間にお腹が空いたら、健康おやつを食べています。

健康おやつに関しては、「ブルーベリー・くるみ(ナッツ類)・苦いチョコ」です。どれも健康効果が高く、摂取を推奨されている食品になります。

この内容に関しては、以下の記事にまとまっているのでよろしければどうぞ。

不老長寿メソッド2:適度な運動をする(10分から15分のジョギングもしくはウオーキング)

私を滅ぼすに至らない全てのことが私を強くする

ニーチェ先生

この言葉はドイツの哲学者ニーチェが、人間が持つ回復力のメカニズムを端的に表現したものです。

運動はまさに自分に適度な負荷を与えて成長するためのものですよね。

自分に適度な負荷や苦痛を与えることで、心臓や血管の改善に繋がります。それだけではありません。適度な運動には、肉体以外に、メンタルの向上も認められており、アンチエイジングにさらなる拍車をかけてくれるのです。

食事制限は辛い!!嫌だ!!という方でも運動だけなら取り入れられそうではないでしょうか。運動といってもゴリゴリの運動ではなく、10分~15分程度のジョギングでOKです。

特筆すべきは、運動はメニューの質よりも頻度が大事だということ。

アンチエイジングするためには、短い時間のジョギングもしくはウォーキングを毎日、習慣にしていくことが大切です。

本当に時間が惜しいという方は、HIIT(ヒート)を強くおすすめします。HIITはハードな有酸素運動ですが、健康効果がかなり高いことが科学的に証明されており、メンタリストDaigoなどの著名人もこぞって実践しています。

僕がやっている方法

僕がやっている運動は、以下の3パターン

  • HIIT(週3回)
  • 筋トレ(週4回)
  • 散歩30分(週最低3回)

筋トレは1日1部位のみで、「四頭筋・胸筋・腹筋・背筋」を順番に回しています。筋トレをしない日は、HIITと散歩。ここまでストイックにやれとは言いませんが、運動は頻度が大事です。頑張りましょう。

不老長寿メソッド3:寒さと暑さに身をさらす

寒さや暑さに耐えるのも不老長寿には欠かせません。

「暑い→寒い」という刺激は、体に適度なストレスを与えてくれて、細胞が活性化します。結果としてアンチエイジング効果が発生するのです。

この理論を人工的に実践するには「サウナ→水風呂」が最適。他にも、「冬に暖房をあまり使わないようにする」「冬にTシャツで外に出る」といった方法があります。

僕がやっている方法

僕は、あまり温泉に行かないので、寒暖差を自宅で手軽に味わう方法である「冷水シャワー」で代用しています。

実際、冷水シャワーには、以下のような高い健康効果認められています。

  • 若返る
  • 免疫力が上がる
  • 痩せやすくなる
  • 身体エネルギーが噴き出す
  • 肌と頭皮を引き締めることができる

これについては別記事にて詳しくまとめましたので、ご興味がある方はご覧ください。

不老長寿メソッド4:老化を治す薬やビタミン剤を試す

世の中には、老化を治す薬やサプリメントが存在します。と言われると、結構怪しいのですね。(笑)

ですが、それは存在します。
ざっくりとですが、紹介しますね。

メトホルミン

メトホルミンとは、糖尿病2型用の治療薬です。

メトホルミンには、糖尿病治療のほかにも、がん抑制遺伝子を活性化する作用があり、血管にダメージを与える活性酸素が増えるのを防ぐ抗酸化作用もあると考えられています。

これが若返りに効くという実験結果が公開されて以来、じわじわと注目されているのです。

ただし、若返りを目的として、処方されるケースは少ないので入手は困難でしょう。

NMN(サプリで買えるけど高い)

NMNとは、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドのこと。なんて言われても謎すぎますね(笑)

これは、ビタミンB3に含まれる成分で、体内のすべての細胞に分布しています。
体内にあるNMNは歳をとるにつれて伴って減っていきます。そして、NMNが減ると老化現象が起こるというわけです。

じゃあ、NMNを摂取すれば若返るじゃないか。というのが近年の研究の結果で明らかとなっています。

ただし、これにも欠点があります。

超高い!!!

ただ、2021年9月に改めてみてみると、激安NMNサプリが結構ありました。

まがい品も多そうなので、気を付けてください。(好奇心旺盛な方は安いものから試してみてください)

ビタミン剤

ビタミンは抗酸化成分がふんだんに含まれており、若返りたい方のみならず、健康を維持したい方にも摂取していただきたい成分です。ですがビタミンは、基本的に食品だけでは必要量を吸収できませんので、サプリメント等で摂取しましょう。

ありがたいことに、手ごろな値段でかんたんに手に入るビタミン剤。
効果を実感するには長期的なスパンで摂取することを推奨します。

ちなみに僕は、ビタミン摂取の際は、「藤川理論」を実践しています。
藤川理論で摂るビタミンはおもに「ビタミンC.B.E」です。

僕は、藤川理論を実践して以来、風邪を引かないどころが、もともとできやすかった湿疹や吹き出物も改善しました。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

2021年9月現在は、上記ビタミンにプラスして、流行しているビタミンDをプラスで摂っているって感じです。(ビタミンDはビタミンKと一緒に摂ると吸収率が上がります)

不老長寿メソッド5:幸せに笑顔で生きる

実は幸福度と寿命は密接な関係にあることが分かっているんです。

2011年科学雑誌サイエンス誌に、「幸福度が寿命にポジティブな効果をもたらす」ということについて言及された記事が掲載されたことが大きな話題となりました。

この記事によると、「人生を幸せに感じている人は、そうでない人に比べて14%長生きである。先進国において幸せな人は7.5年から10年寿命が長い。同じ環境で暮らすにそうであっても修道院に入所した時に幸せだと感じていた僧の寿命は93.5歳だったがあまり幸せだと感じていなかった僧の寿命は86.6歳だった。」などといった衝撃データがあったのです。

それだけではありません。
笑うと免疫力が高まるという研究データもたくさん出ています。

例えば、「漫才を見て笑うことで、2型糖尿病患者の食後血糖値の上昇が抑えられたという報告」など。これは笑うことによって、「ポジティブな感情が神経内分泌系に作用低血糖上昇を抑制した可能性がある」と言われています。

積極的に笑いのある会話の機会を持つことや、お笑い番組を見るということが不老長寿に繋がるのであれば、さらに笑い甲斐があるというものです。

ネガティブな時間を減らし、ポジティブな時間を増やす。単純に見えて意外と難しいものではありますが、ぜひトライしてみましょう。

僕がやっている方法

これについては色々とやりすぎていてひと口には言えません。

ただ、笑顔についてまとめた記事がありますのでそちらを読むとさらに理解が深まります!

不老長寿メソッド6:全粒穀物の摂取

糖質制限をしている人にはなじみのある全粒穀物。

代表的なのが、玄米だったり、全粒粉のパンなどが挙げられます。これらの食品には良質な食物繊維が豊富に含まれています。

今召し上がっている白米を玄米に切り替えるだけで実践できるので超簡単ですよね。

食物繊維は、お腹の満腹感を高めたり、食べ物の消化や吸収スピードを緩めて血糖値の急激な上昇を抑えたり、コレステロール値の上昇を抑えたりする働きがあります。さらに食物繊維が腸に到達すると、腸内有用菌の絶好の餌となり腸内環境が改善。

腸内環境が良くなると、さまざまな疾患に対する抵抗力の強さが上がるうえに、体内の炎症のレベルが下がることがわかっています。

つまり、全粒穀物から食物繊維を摂取することで、腸内環境が整い、そのおかげで身体の疾患や炎症が和らぎ、健康寿命が延びるという原理です。

僕がやっている方法

僕はまず、白米を買うことをやめました。

玄米の味は最初はあまり好きになれませんでしたが、よく噛むように食べることで、玄米ならではのおいしさに気づき、楽にシフトできました。

2年ほど毎回購入する玄米を変えて、今気に入っているのはコチラ。

玄米のこおばしさと甘みがダイレクトに伝わります。無農薬というのも好ポイント。

しかし、現在(2021年9月~)は、玄米も週1回ほど。
米自体を食べない低糖質生活を実践しています。

ケトジェニックダイエットってやつですね。

これはそのうち記事にします!

おわりに:誰でも今から若返る!

おわりに:誰でも今から若返る!

本日紹介した若返り方法は以下のとおり。

どうでしょう。
やろうと思えば今日からできそうなものばかり集めました。

しかもどれも、一軍に入るほどのアンチエイジング効果があります。

若返りたいと思っている方は、自分ができそうなものからぜひチャレンジしてみてください♪

ABOUT ME
Shohei Obata
【最高月間PV10,000達成!!】当ブログでは、「タメになる趣味」を発信しています。 おもなジャンルは、映画・アニメ・ゲーム・読書・健康です。 管理人の独断と偏見によってをピックアップしたランキングが多めになります。【簡単な略歴】黒服➡すすきのno1ホスト➡引退➡fx始める➡ハイレバで死亡➡家業で働く➡️自由を夢みてブログ開始➡7ヶ月で9000pvのヒヨッコ↩今ココ。