Health

高城式健康術|サプリ・健康法・食事法を14個に凝縮【自分に合ったものだけ】

高城式健康術|サプリ・健康法・食事法を14個に凝縮【自分に合ったものだけ】

こんにちは、SHO(SHO_0113_)です。

生活リズムも肌も荒れがち。

胃が弱く体調がすぐれない日が多い。

なんだかいつもイライラしているような気がする。

以前のボクはこのような症状に悩まされていました。

このような不調を前に行っていたのが、ニキビができれば皮膚科で貰って塗ってみたり、体調がすぐれない日は栄養ドリンクをガブのみしたり、お腹が痛かったらこれまた内科の胃腸薬を処方してもらったりと、対症療法のようなことばかりでした。

しかし、今は違います。
そう、ボクは高城式健康術に出会ってから、健康の概念が一変しました。

健康は自分で管理できる。

ボクはこのことを知って以来、

病院に行くことを辞めました。

自分で良いと思った健康法を実践していきました。

自分の頭で考えて良いと思ったサプリメントを購入しました。

今では見事に最初に挙げた不調が無くなり、絶好調の毎日です。

これもひとえに、高城式健康術に出会ったからと強く実感しています。

そこで今回は、このような体験をあなたにシェアしたいと思い、執筆するに至りました。

高城剛 氏が伝えてきた健康術の中でも、ボクは以下の点を重視しています。

  • 安価に試せること
  • 特に効果を実感したもの
  • 実生活に取り入れやすいもの

なお、この記事は以下の書籍で紹介されていた健康術を参考にしております。

高城剛式健康術まとめ【全体ロードマップ】

目次を読んだ方は飛ばしても結構ですが、一応全体の流れをここで説明しておきます。

今回紹介するのは、「高城式健康術55」のなかでもマニアックな健康を抜いた、僕たちでも取り入れやすい健康法です。

そして、ボク自身もやってみて効果を感じた手法のみに限定して、「食事法・健康法・サプリメント」という3つのカテゴリに分けて解説していきます。

あなたに合いそうな健康法が見つかったら1つでもいいので試してみましょう。

高城式健康術|サプリメント

高城式健康術|サプリメント

ここでは高城氏がオススメしているサプリメントのなかでも、僕が使っているものだけを厳選して紹介します。

なかには、高級すぎるサプリメントがありますが、そういったものに関しては、安くて品質のいい代替アイテムも提示していますので参考にしてください。(というより高級すぎて僕は代替アイテムにチェンジしました汗)

1.高級乳酸菌サプリメント

ココが凄い!

続けるだけで胃腸が整う。

高城氏がおすすめするのは、日本で冷蔵販売による生きた乳酸菌サプリメントを販売しているメーカーであるクレア・ラボ社のプロバイオティクスです。

その中でもとくに最強なのが「コンプリート・バイオティック」です。

高城氏を心酔しているので、1万円オーバーという高価な値段にもめげず試してみましたが、たしかに胃腸の調子はすこぶるよくなりました!!

しかし、僕の場合、整腸剤は毎日飲むので、この商品とは一度きりのお付き合いでした。苦笑

ということで、今はアイハーブのなかでも、特に「評価が高くて安い」プロバイオティクスを使っていますが、個人的には充分満足のいく商品です。(以下参照)

金銭的に余裕がある方は「コンプリート・バイオティック」をお試しあれ!

2.アシュワガンダレーヒム

ココが凄い!

ガンを予防しつつ若返る。

アシュワガンダは、インドやネパールの乾燥地帯に自生するナス科の常緑低木で、古くからアーユルヴェーダの抗ストレス・ハーブとして治療に使われてきました。

「アシュワガンダ」は、経済産業省所管の公的研究機関である国立研究開発法人産業技術総合研究所の動物実験で、「がん細胞を死滅させ、正常細胞の老化を防ぐ効果があった」と発表されています。

アーユルヴェーダ:世界最古の医療といわれており、5000年前にヒマラヤではじまったとされている。

3.ビタミンB群(8種類)=ビタミン50を摂ればOK

ココが凄い!

疲れがぶっ飛ぶ。

ビタミンB群は、エネルギー代謝に働きかけ、疲労解消のもととなるため、上手に摂っていくことで、体の慢性的な疲れを取り除いていくことができます。

しかしビタミンBの種類は8種類あるので、全てを個別で取るのはめちゃくちゃ大変。そのときに、別の本で紹介されていたのが「ビタミンB50」です。

【ビタミンBの種類】
ビタミンB1/B2/B6/B12/ナイアシン/パントテン酸/葉酸/ビオチン

「ビタミンB50」があれば、ビタミンBを効率よく吸収できます。

ちなみに、ビタミンB50単体で摂るよりも飲み合わせることにより、二倍くらいの効果を上げる方法があります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
この記事で登場する手法で、肌荒れもしなくなり、慢性的な体のだるさもなくなりました。

4.御岳百草丸

ココが凄い!

一家に1つの万能薬。

御岳百草丸は、5種類の生薬から作られた胃腸薬です。

おもな効果は、胃弱、消化不良、食欲不振、胸やけ、二日酔いのむかつきを改善するといったあんばいです。

これだけだと普通の胃腸薬と変わりませんが、御岳百草丸の凄さはここからです。

なんと、ストレスを受けると高まるコルチゾールを減らすことで有名な海外サプリメント「リローラ」よりも、成分(コウボクとオウバクエキス)含有量が2.5倍ほども高いんだそうです。

そのうえめちゃくちゃ安いので、食事だけの用途に絞らず、落ち込んだりイライラしたときにも、20粒ほど気軽に飲みましょう。これだけでも「元気を取り戻す」ことができます。

しかも、まだです。
まだあるんです効果が。

御岳百草丸は、やる気・元気のホルモン「DHEA:男性ホルモンの一種」を増やし、深く眠れるようになり、集中力も抜群に増す。さらに食べすぎを防ぐ効果もあるそうです

え、これもう買わない人いないレベルですね…。笑

錠剤の内容量は以下のとおり。

  • 500粒
  • 1200粒
  • 1900粒
  • 2700粒
  • 4100粒

一回20粒なので、常備薬として使うなら徳用の「4,100粒」がおすすめです。

5.酸素サプリ

ココが凄い!

ストイックなランニングもできる。

ランニングなど、酸素を消費するときに使えるのが米国OxyLife社の「Zero 2 Sixty Oxygen Performance Enhancer」です。  

この製品は、今日のサプリメント市場において、唯一入手可能な純粋な酸素で、自分が知らないうちに呼吸が浅くなって疲れているのを、底上げしてくれる逸品です。  

高城氏の経験によると、5000メートル級の山に登って高山病に罹った際にも、効果を発揮したそうです。

体がだるくて重いという方は試してみてもいいかもしれません。

僕は、激しい有酸素運動とマインドフルネス瞑想の両方をするときのみ使っていますが、深い呼吸が無理なく実現できて最高です。

高城式健康術:健康法

高城式健康術:健康法

つぎは、高城氏が実践している健康法です。

当たりまえみたいな健康法から、高城氏ならではのストイックな健康法まで、僕が気に入ったものを5つ紹介します。

気になった方法からチャレンジしていきましょう!

1.デトックス:ひたすら汗をかく

汗をだすという単純な作業は、古典的ながら素晴らしいデトックス法の1つです。

普段から運動を習慣にしている人が健康なのは、体が引き締まるということ以外にも、体の毒素を排出して健康を保っているという部分も大きいと考えられます。

しかし、注意点があります。
汗と一緒に流れる毒素は、拭き取らなければ体内に戻ってしまうのです。

なので、ジョギングをするにしてもサウナに入るにしても、タオルを常備しておき、汗をかいたら早めに拭き取りましょう。  

2.咀嚼

咀嚼することには、以下のようにさまざまなメリットがあります。

  • 認知機能の向上
  • 胃腸に負担がかからない
  • 歯並びがよくなる=歯周病になりづらい
  • あごの筋肉があるので舌を正しい場所に収められる

しかし、現代では、著しく咀嚼の回数が減っています。

  • 弥生時代=一食あたり約4000回の咀嚼
  • 江戸時代=一食あたり約2000回の咀嚼
  • 現在=一食あたり650回の咀嚼

これだけの噛むメリットがあるのですから、まずは1000回を目指して頑張ってみましょう。

3.高濃度ビタミンC点滴

ビタミンC(化学名はL-アスコルビン酸)は通常、1日の摂取量目安は1000㎎程度です。しかし、高濃度ビタミンC点滴では、その20 倍から100倍の量を直接血管内に注入することで、高い抗酸化作用を実現させます。

そんなビタミンCですが、その高い抗酸化作用は、がんにも有効な手立てのひとつです。2006年3月に創刊されたカナダ医師会雑誌に、高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存を続けている3人のがん患者に関する論文や、2007年以降には、米国立衛生研究所をはじめとする機関から、「抗酸化物質であるビタミンCを大量に静脈内投与すると、強い抗酸化作用を誘導し、がん細胞を死滅させること、さらにがん患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、生活の質(QOL:クオリティ・オブ・ライフ)を改善する」という論文が次々に発表されており、信頼性もかなり高そうです。

ちなみに目安として、外科手術後のビタミンC点滴投与は約1g、美容整形外科の美白点滴は約5gなのに対し、高濃度ビタミンC点滴療法では 12・5~ 50 g程度を投与することが大きな特徴になります。

勘の良い人は、「そんな効果が実証されているのにどうしてビタミンC治療は世の中に浸透しないのか?」と思った方もいるかもしれません。

その理由は、ほぼ確実なんですが、背後に大きな「利権」が絡んでいるからだと言われています。なにしろ抗がん剤は世界中で年間数兆円のうりあげを誇るビッグビジネスですからね。

安価なビタミンCに抗ガン効果があるとなれば営利主義の病院側からしてみれば都合が悪いのです。

ちなみに僕自身、風邪気味で肌荒れが酷かったときに一度、美容整形で処方してもらったら、翌日には両方ともすぐに快方に向かったので驚いたという体験をしました。(15gで1万円でした。)

もっとビタミンC治療が世の中に浸透してほしいなと思います。

4.丹田呼吸法

丹田呼吸法は、大きな呼吸を丹田(おへその5~9センチ下)をイメージしながら行なう呼吸法です。

この呼吸法をすることによって、自律神経系が過緊張になっている場合はリラックスさせ、疲れて機能低下している場合には、適度の緊張を取り戻させてバランスを回復することができます。

コツは、「吸う」(足す)ことではなく、「吐く」(引く)ことに意識を向けることです。

人間の性質として、息を限界まで吐けば、自然と呼吸しようとしてくれます。その作用を利用すればムリなくできるでしょう。

5.ファスティング(断食)

現代人は明らかに食べ過ぎだと言われています。たくさん食べることが生きがいの人にとっては悲報ですが、これは事実です。

このことから、現代人は内臓をしっかり休めるため、一定期間、塩分や油、固形物を入れるのを一切やめて、内臓を強制的に休ませるファスティング(断食)が必要になります。

ファスティングは内臓を休ませるだけの効果だけではなく、オートファジーという仕組みも働きだします。

オートファジーとは、古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせるための仕組みで、体の老廃物が一掃され、細胞や機関の機能が活性化させる作用があります。

ファスティングは何日もやらなければいけないと思われがちですが、その必要はありません。なぜなら、食事間隔を16 時間あければ、オートファジーは活性化するからです。

16時間も食べれないのはきついと思うかもしれませんが、よく考えてみてください。

仮に夕飯を20 時に済ませたら、翌日の昼食を 12 時くらいに摂れば、 16時間、内臓を強制的に休ませ、オートファジーを活性化することができちゃいます。こう聞くとできそうな気がしませんか?

継続することで、肥満が解消するだけでなく、体の内側から若返りを実感し、病気や老化を遠ざけることができます。

最初から16時間がきついという方はまずは10時間から始めてみるのもありです。まずはやってみることです。

最初から16時間がきついという方はまずは10時間から始めてみるのもありです。まずはやってみることです。

詳しくは以下の本で学べます。

無料で学ぶなら以下の記事をどうぞ!

高城式健康術:食事法

高城式健康術:食事法

さいごに、高城氏が実践している食事法です。

「たしかにこれらを心がけたら健康になれるだろうね」といった食事法を4つ紹介します。

僕は、後述する「山崎の水」以外は今でも実践し続けています。(山崎の水たけぇ)

1.副腎疲労に効く食品

ホルモンの生産過程で大量に消費されるビタミンB群は、副腎疲労(内臓疲れ)の人が不足しやすい栄養素です。

なので、ビタミンB群を含む玄米や良質な豚肉、貝類や海藻類を多めにとることを心がけるだけでも、素晴らしい健康法になります。

さきほどサプリメントを紹介しましたが、基本はやはり食事から栄養を吸収していくことが大事です。

食事で摂る場合は、良質な脂質、良質なタンパク質を持つ食品を選ぶようにしましょう。

2.玄米食

「玄米」に関することで、面白い話があります。

医学博士で国立がんセンター研究所がん情報研究部長だった渡邊 昌 先生は、乱れた食生活から 50 代で糖尿病を患ってしまったそうです。

しかし、病状を回復させるために玄米食を中心にすると、見事、糖尿病を克服したという逸話があるんです。凄くないですか?

ちなみに先生は、内科医からインシュリン治療を勧められるほど病状が進んでいたにも関わらず、1年ほどの玄米食療法を続けたところ、脂肪肝も高血圧も血糖値も、数値がすっかり正常に戻ったという回復ぶり。

これだけ聞いても玄米にする価値は大きそうですね。

僕はこういった背景に感銘を受けたので、家の中では白米を完全に辞めて、玄米食に切り替えています。

3.山崎の水

ペットボトルの水は隠れたリスクがあることは「身近にある「体に悪い成分」まとめ。「健康になりたいなら今すぐやめろ!」」で触れました。

ではどうすればいいのか?
瓶入りの水を飲めばいいというわけです。

そこで高城氏がおすすめするのが、サントリー食品インターナショナルの「山崎の水(炭酸水)」になります。この商品は、世界の水マニアも認める最高品質なんだとか。

僕も一度アマゾンで頼んで飲んでみましたが、炭酸は程よい強さで、喉越しはなめらかで美味しかったです。とはいえ、常用水にするにはちょっと高すぎて、次いつ買おうか迷ってます。笑

ちなみに、炭酸の強さは”発泡”と”微発泡”の2種類のみで、強炭酸はありません。

強炭酸の角ハイボールも最高ですが、山崎ウイスキーを山崎の水で割ったハイボールはまた格別す。

4.「飲む点滴」ボーンブロス・スープ

みなさんはボーンブロス・スープというものをご存知でしょうか。

ボーンブロス・スープとは、鶏や牛の骨を煮込んで抽出されたエキスをベースに作られるボーン(骨)+ブロス(煮込み)スープのことです。

このスープには以下のような効果が得られるとされています。

  • 免疫機能を高める
  • 食べ物の消化吸収を補う
  • 腸を癒し、太りにくい体にする
  • 化学物質を解毒する機能を促進する
  • 健康な臓器を維持し、傷んだ細胞の修復をする
  • 骨、関節、皮膚、髪などを維持するコラーゲンを補う

ファスティング中で、どうしても食べたくなったときはボーンブロスならばOKとしている方法もあるくらい体に優しいです。

ボーンブロススープを続けていくと、飲むごとに味覚が戻ってくるのか、最初は味気ないと感じていたものが、だんだんと素材の味がわかって骨身に染みてます。

余談ですが、最初は通販でいろんなものを試しましたが、時間がある方は以下の記事を参考にして自分で作ってみることをお勧めします。(僕もこの記事のものを作っています。)

おわりに:高城式健康術は最高の健康法

いかがだったでしょうか。
ここまで、高城式健康術を「サプリメント・健康法・食事法」という3つの観点から紹介してきました。

ここで非常に大事なことは、「そういう健康法もあるのね」で終わらず、まずは1つでも生活に取り入れてみることです。そして、効果を実感したならもう一つ健康法を取り入れてみる。

そういう小さな積み重ねがあなたを健康にするのです。

それではまた!

ABOUT ME
Shohei Obata
【最高月間PV10,000達成!!】当ブログでは、「タメになる趣味」を発信しています。 おもなジャンルは、映画・アニメ・ゲーム・読書・健康です。 管理人の独断と偏見によってをピックアップしたランキングが多めになります。【簡単な略歴】黒服➡すすきのno1ホスト➡引退➡fx始める➡ハイレバで死亡➡家業で働く➡️自由を夢みてブログ開始➡7ヶ月で9000pvのヒヨッコ↩今ココ。